ニキビケア

ニキビ生理前になるとニキビができやすくなるということを聞いたことはありませんか。

実は、生理前は黄体ホルモンの「プロゲステロン」が活発に分泌され、皮脂の分泌を促しますので、ニキビができやすいのですし、肌がくすみがちになります。また、この黄体ホルモンの「プロゲステロン」は「肌のバリア機能」の低下も促すのです。そのため、外からの刺激を受けやすくなり、乾燥等の肌トラブルを起こしやすくなります。さらに黄体ホルモン「プロゲステロン」のために「ペプチド」が減少していますから、このことにより、肌のバリア機能が低下し、ニキビができやすい肌になっているのです。

上記のような抗菌ペプチドを増やす効果のある化粧品がありますので、ご興味のある方はお試しになると良いでしょう。抗菌ペプチドが減少してしまうと肌のバリア機能が保たなくなり、ニキビ等の肌のトラブルが起こります。それを防ぐのには、抗菌ペプチドを増やすのが一番なのです。その他にも、睡眠不足、ストレス、暴飲暴食、不規則な食生活もニキビができやすい要因ですから、抗菌ペプチドの増加のみならず、こういったことにも気を付け、ニキビのできやすい時期をうまく乗り越え、ニキビのないきれいなお肌を目指してください、

肌のバリア機能回復

肌のバリア機能は、ニキビの改善のために欠かせないものです。この機能を回復させるためにはどうすればよいのでしょうか。

バリア機能回復に欠かせないのは保湿です。ターンオーバーは保湿により、正常化されますから、肌の機能回復につながります。保湿に有効なものは様々ありますが、その中から挙げてみますと。肌をコーティングするワセリン、角質層に作用するヘパリン類似物質等、浸透力のあるもの、そして水分も必要ですから、セラミド、ものすごい保水力でコラーゲンやエラスチンの間を満たして水分保持をするヒアルロン酸といった細胞間物質も良いでしょう。また、細胞分裂を正常化し、新陳代謝を促すプラセンタはターンオーバーを正常化にもっていくのに、役立ちます。
女性
そして、ここで気を付けたいのは過度の洗顔です。ニキビができないように、洗顔するのでしょうが、洗いすぎて肌の乾燥を招いてします場合があります。何事もやり過ぎというのは良くないもの。それは、洗顔においても同じことが言えるのです。洗い過ぎには、注意しましょう。

その他に食生活の乱れに気を付ける、寝不足などの生活習慣を見直すと言ったことも大事な肌のバリア機能回復のための対策です。特に一人暮らし等の場合は、食事が疎かになる可能性がありますから、栄養バランス等に注意しなくてはいけません。保湿をするというスキンケアは非常に大事ですが、その前にこうした基本的なところにも注目してあげてください。また、保湿に有効な成分を前述しましたが、そもそも自身の肌の吸水性水分をとどめておく力が弱いと保湿してもまたすぐに乾燥してしまいます。洗顔後、化粧水などをつける前に保湿効果を高めてくれるスキンケア用品などもありますので、自分の肌に合うものを見つけてみてくだい。

推奨HP・・・ニキビケア|みんなの肌潤糖