ニキビケア

ニキビ生理前になるとニキビができやすくなるということを聞いたことはありませんか。

実は、生理前は黄体ホルモンの「プロゲステロン」が活発に分泌され、皮脂の分泌を促しますので、ニキビができやすいのですし、肌がくすみがちになります。また、この黄体ホルモンの「プロゲステロン」は「肌のバリア機能」の低下も促すのです。そのため、外からの刺激を受けやすくなり、乾燥等の肌トラブルを起こしやすくなります。さらに黄体ホルモン「プロゲステロン」のために「ペプチド」が減少していますから、このことにより、肌のバリア機能が低下し、ニキビができやすい肌になっているのです。

上記のような抗菌ペプチドを増やす効果のある化粧品がありますので、ご興味のある方はお試しになると良いでしょう。抗菌ペプチドが減少してしまうと肌のバリア機能が保たなくなり、ニキビ等の肌のトラブルが起こります。それを防ぐのには、抗菌ペプチドを増やすのが一番なのです。その他にも、睡眠不足、ストレス、暴飲暴食、不規則な食生活もニキビができやすい要因ですから、抗菌ペプチドの増加のみならず、こういったことにも気を付け、ニキビのできやすい時期をうまく乗り越え、ニキビのないきれいなお肌を目指してください、